都道府県別の露出スポット

「誰もいない」というの大前提です。監視カメラ・防犯カメラにも気をつけましょう。「見通しが良い」方が監視がしやすいので個人的にはおすすめです。死角だと思ったところだと、突然、人が訪れた場合に対処が難しいです。

定番の露出スポット

  • 山奥:定番中の定番です。虫が多いので虫よけは必須です。
  • :冬の海ならば人はいないでしょう。岩場だと逃げにくいので、見通しのいい砂浜がいいでしょう。
  • 大きな公園:大きな公園でも街なかにある公園は避けましょう。車で行かなければならいような地方の公園なら人はまばらです。
  • 河川敷:地方ならば大きな道路からも離れているので基本的には誰もいないところが見つけやすいです。
  • 田んぼ道:平地の田舎ならば、見通しがよく、周囲数百メールぐらい誰もいないので比較的安全です。
  • 神社や寺:管理事務所がない小さな神社やお寺がオススメです。きちんと管理されているところは、防犯カメラがある可能性が高いです。
  • 駐車場:ビルタイプは避けて、郊外の24時間開放されている公共の駐車場が定番ですが、ノゾキが多くパトロールも頻繁に来ますので注意が必要です。
  • 廃墟:私有地であり廃墟マニアや撮影会・心霊スポット巡りの方など多くの人が訪れるので注意が必要です。
  • アダルトショップ:お店に迷惑がかかる可能性が高いので、なるべく避けましょう。
  • 混浴露天風呂:比較的安全に露出を楽しめます。
  • 人気のない公共施設:誰もいないと思っても、意外と人の往来がありますので避けたほうがいいでしょう。
  • 無人駅:無人駅は駅員はいないけど、「公共の場所」という付加価値があります。田舎の路線は、昼間は2時間に1本という所も多いので露出しやすいといえるでしょう。
  • ハウススタジオ:料金がかかりますが、アダルトビデオで使われているような特殊なスタジオやハウススタジオの場合、安全かつ十分に露出プレイを楽しめます。
  • ハプニングバー:初心者から上級者まで比較的安全に楽しめます。